バッテリーや充電の裏技

iPhoneはバッテリー消費(電池の減り)がガラケーと比べると、かなり早いので充電に常に気を使っている人が多いかと思いますので、バッテリーや充電の裏技を紹介します。

私が気を付けている事は、あんまり頻繁に充電しすぎない事を一番に心がけています。他にも、使い終わったアプリや使用していないアプリなどは裏で起動していてバッテリーを消費してしまうので、アプリを消したりして常に整理するようにしています。

気になる人のためにバッテリーの使用状況は確認することができます。「設定」から「バッテリー」に進むとバッテリーの使用状況を「24時間以内」と「7日以内」で確認することができます。ここまでは知ってる人は多いのではないかと思いますが、実はこの画面で裏で起動しているアプリも確認することができます。バッテリーの使用状況の「24時間以内」・「7日以内」の右側にある「時計マーク」をタップすると画面上で起動したものか裏で起動しているかまで確認することができるんです。

他にも皆さんそれぞれ気にしている事はたくさんあると思います。そんな中で皆さんに気を付けてほしい事などを書いて行こうと思います。

まず初めに皆さんは寝る前に充電を差して寝ますか?
寝る前に充電を差しておけば起きた時には睡眠時間にもよりますが、大体の方は満タンになっていると思います。

ここで言いたいのは、過充電はバッテリーに負担をかけるので良くないと言う事です。もちろん満タンにしておきたい気持ちや充電がある程度なくなったら充電しておかないと心配になると言う方もいると思います。それなら寝る前に充電を満タンにしてから寝ても同じですよね(*^^)v
そっちの方が過充電にはなりにくいので、バッテリーへの負担は抑えられますよね?そうやって小さなことですが、少しずつ気を使っていく事がiPhoneの寿命の長持ちに繋がりますよね!小さなことからコツコツ意識してみてはいかがでしょうか?